理事役員

専務理事 久保 大乘

ご挨拶

 

2020年、世界は大きく変わりました。新型コロナウイルス感染症が世界中で流行し、日本に於いても、ここ呉のまちに於いてもそれは例外ではありませんでした。人と会うことを避けなければならない、現代社会に於いてこんな日が来るとは誰が想像したでしょうか。

私は呉青年会議所に入会してから今日まで、仲間と苦楽を共にし、汗を流し、先輩方からご助言をいただきながら活動を続けてまいりました。しかし、新型コロナウイルスの登場は、そんな活動の根幹からひっくり返るような出来事でした。

青年会議所活動に限らず、世間では今まで当然のように行われてきた行為が行えなくなっています。しかし、そのような状況でも日々生活をしていかなければなりません。そのためには、今まで通りの活動ばかりではなく、新しい形を模索していく必要があります。

 

神田理事長の掲げるスローガン「虎穴虎子」とは、リスクを冒さねば成功は得られないという言葉です。ここで言うリスク冒すとは、新しいことへの挑戦を意味します。

新しいことを始める時、いつでも失敗のリスクは付きまといます。何も変えず、今まで通りの活動を続けていけば、そのリスクは回避できるかもしれません。しかし、そこにそれ以上の発展はありません。大きく成長するためには大なり小なり、リスクを冒す覚悟が必要です。

 

青年会議所とは、自らを指導者として成長させていく団体だと考えています。そうであるならば、恐れるべきは失敗ではなく、変わらないことです。

変化を恐れず、率先して新しいことに挑戦していくことが、大きな成功に繋がると信じています。

 

2021年、私は専務理事という大役を拝命いたしました。私の役目は神田理事長の掲げるスローガン、基本方針の下、事務局を統括しながら呉青年会議所活動の運営を担っていくことです。

日々精進していく所存ですので、何卒ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

専務理事 久保 大乘