つれづれKURE

成人式

呉のまちでの生活を紹介する「つれづれKURE」

 

 

第1弾は、呉の成人式を取材しました。

 

 

 

成人になったことを祝うとともに、新成人を大人として、コミュニティの新たな一員として迎える。そんな成人式の様子を通じて、呉のまちの空気を感じていただければと思います。

 

 

まずは、呉ポートピアパークで行われた天応地区の成人式に行ってみました。

 

 

天応地区は、一昨年の西日本豪雨災害で、甚大な被害が発生した地域です。

しかし、そんな中でも、毎年成人式と同時に行われる「笹酒まつり」が盛大に行われていました。「笹酒まつり」は、40年以上続く行事です。

 

 

呉青年会議所においても、昨年度、「RebornFes」をこの呉ポートピアパークで開催し、その中で、笹酒を振る舞わせていただきました。

 

 

 

新成人の式典中に地域の皆さんが笹酒の準備をしています。

 

 

 

 

式典を終えた新成人が、地域の皆さんに感謝のことばを伝えました。

 

 

 

天応小学校・中学校のみなさんによるソーラン節。老若男女問わず天応地区全体でお祝いするんだという想いが伝わってきました。

 

 

笹酒まつりの開始です。まずは新成人が、お世話になった先生などから、お酒をついでもらいます。

 

 

続いて新成人が、みなさんにお酒をふるまいます。私たちも列に並んでみましたが・・・・

 

 

コップを取って、再チャレンジ

 

 

 

無事いただくことができました。

 

 

 

 

続いて中央地区の会場に移動。

中央地区は、呉市の中心部です。成人式の会場も、呉市役所内にある新日本造機ホールで行われていました。

 

 

 

会場には成人の誓いが書かれていました。

 

 

会場には多くの新成人たちがおり、久しぶりの再会に華を咲かせていました。

 

 

会場にいた新成人の方に、これからの呉についていろいろな意見を聞いてみました。

 

 

仕事や遊びの点から広島市のような都会で生活したいという方や、呉のまちが住み慣れているからいいといった意見が多かったです。

 

 

 

現在20歳の彼らが、今後、呉に残るにせよ、呉から羽ばたいていくにせよ、成人式の日をこれだけ多くの地域の皆さんにお祝いしていただいたことは、きっと忘れないでしょう。

 

 

「つれづれKURE」第1弾は、成人式を通じて、呉のまちの様子をお伝えしました。今後も毎月1回、様々な呉のまちの様子をお届けしますので、乞うご期待!

 

 

 

取材:平岡、大田