理事役員

高齢者つながり推進委員会 委員長 應和 悠太

楽しくつなぐ

〔基本方針〕

 私は両親が共働きだった為、幼少期から祖父母と過ごす時間が多く、祖父母からは、昭和の遊びから呉の歴史などたくさんのことを学びました。
私は現在、3人の子どもをもつ親となりました。妻も私も仕事が忙しく、母に子どもを預けることが多くなりました。3人の子どもを面倒みるのは大変です。ある日、体力的に無理させていないか母に尋ねたところ「他に楽しみもないし、孫との時間が楽しいからいつでも預けにきんさい。」と予想もしない答えが返ってきました。ありがたみを感じるとともに、もし孫が成長し会う機会が減っていったとき、母はどうなるのだろうと危機感も感じました。そこで気になり調べていくうちに母のように、育児や仕事を終えた高齢者で趣味を持っていない方はたくさんいました。それまでに楽しいこと、わくわくすることなどを体験し自ら社会交流などに参加できる新たな環境づくりが今後必要と考えます。

また、高齢者の方は、長く呉を支えて、盛り上げ、私たちよりもはるかに多い知識と経験を持っています。そういった方が2040年には人口の約40%を占めるといわれています。たくさんの知識・経験のある高齢者の方が、いろんな方に出会い自身の能力を多くの人に伝えることは地域活性化につながると考えます。

そこで私は、超高齢化社会が加速していく中、高齢者が楽しく前向きな気持ちに変えられるような事業を展開し、高齢者の方にいろんなつながりをもってもらい今の時代に沿った役割を見つけてもらう環境をつくります。そして、楽しくつなぐことにより新たな一歩を踏み出すきっかけをつくり、より活力溢れるまちをつくることを目指します。

 

 

〔事業計画〕

  1. 事業名:3月担当例会
    目的:当委員会が行う今年度の事業概要及び目的を周知する
    方法:プレゼンテーション等
  2. 事業名:5月担当例会
    目的:高齢者が楽しくつなぐ事業1(仮)を周知する
    方法:プレゼンテーション等
  3. 事業名:高齢者が楽しくつなぐ事業1(仮)
    目的:楽しくつながる新たな環境づくりのためのスキルアップをさせる
    方法:セミナー等の実施
  4. 事業名:高齢者が楽しくつなぐ事業2(仮)
    目的:楽しくつながる新たな環境をつくる
    方法:参加・体験型事業の実施
  5. 事業名:9月担当例会
    目的:今後の効果的な運動につながるよう事業について共有する。
    方法:プレゼンテーション等
  6. そ の 他