2019年度事業報告

呉JCボトムアップ事業1

5月19日(土)に呉JCボトムアップ事業が開催されました。この事業は呉JCの対内事業で、いわば我々会員同士での勉強会のようなものです。
今年度のテーマの1つに「我々メンバー同士の繋がりでまちを輝かせる」があります。このテーマの元、藤本委員長の率いる呉JCボトムアップ委員会が中心となり、企画・実施しました。この事業は呉JCの歴史を学ぶための事業でしたが、授業形式の固いものではなく、テレビ番組に出演しているような、楽しく明るい中での事業でした。
第1部では卒業された先輩たちのインタビュー動画を使い、クイズ形式で先輩たちの思いや事業へのこだわり等を学びました。挙手制の回答ですがみんな元気に「ハイ、ハイ」と言いながら楽しく競い合っていました。


第2部では過去に行われた事業をあたかも発表者が参加していたように、発表しました。発表者は近年2~3年に入会した人に絞られ、当然それに参加した人はいません。過去の事業を知っていなければ、発表できません。過去の事業計画書やアンケート結果を集計して、それぞれプレゼン資料や動画にも、工夫が見入られました。投票の結果、新谷委員長のF-1総務委員会の発表が1番人気でした。
第3部ではビュッフェ形式の中で、決められたお題を各テーブルのメンバー同士で発表するものでした。呉JC歴の長い人と短い人での会話で、意義深い時間を過ごしました。
第4部ではメンバー全員で円陣を組み、メンバー全員で全員の長所を言うもので、とても賑やかに、とても楽しく行われました。普段は照れくさくて言えないことをみんなで言い合い、ポジティブな事業でした。


この事業では一部のメンバーが努力するのではなく、メンバー全員で仲間の為にボトムアップして行動すること、そして呉JCの素養を身に着ける事を目的にしています。JC歴の長い人と短い人では組織内での理解力が違ってくると思います。それを少しでも縮めるための事業となりました。
お互いを理解しやすくなると「人と人との繋がり」ができて、仲間意識が生まれて、より強固な呉青年会議所になりました。