2019年度事業報告

家族会員交流事業

10月19日(金)クレイトンベイホテル1階 ソーニョに於いて、家族会員交流事業が開催されました。

この事業では現役会員のご家族に呉JCの活動について知ってもらうこと、そしてご家族へのおもてなしをすることで感謝の気持ちを伝えることを目的としました。


川本委員長率いる鋼の広報委員会がこの事業を企画し、子供たちの可愛らしい「乾杯」のご発声から、事業がスタートしました。

先日行われた「おやこではぐくむみらい絵本」で使われたダンボールハウスやスイングカーを用意したり、謎解きゲームを用意したりと、親子で一緒に楽しんでもらえるようにしました。


そして歓談中には各委員会の紹介を行いました。毎月の例会運営を担当する新谷委員長、親と子のつながりを重視してまちへと展開する銭原委員長、呉JC現役会員の素養を身につけて組織力の向上を図る藤本委員長、仲間の絆を重視して事業を企画する野津委員長、まちに対して呉JCの存在を発信し続ける川本委員長、パワーポイントのスライドを使いながらそれぞれの熱い想いや目的をお話ししてもらいました。

野津委員長の事業は11月18日(日)呉市役所近辺で、川本委員長の事業は11月4日(日)中通商店街で行われます。こちらの参加も、ぜひお願いします。
楽しそうな現役会員とそのご家族、せっかくの機会なのでたくさんの写真を撮らせていただきました。2~3組のご家族との写真も、みなさん素敵な笑顔で、撮影にご協力いただきまして、ありがとうございます。


終盤に差し掛かり、謎解きゲームの答え合わせをしました。それを解いた子供たちに解説をしてもらいました。少し難しいと思われた謎解きゲームも、子供たちの柔軟な思考にかかれば簡単だったようです。楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

我々、現役会員がJC活動を行うことができるのは、ご家族の協力あってこそです。ご家庭から離れて事業に参加する、時には京都や横浜などの遠方へ出かけることもあります。我々を近くで温かく見守ってくれている奥様やお子様への恩返しが、この事業でできていれば幸いです。

今後とも呉JCで活躍する現役メンバー、また呉JCの事業へのご理解とご協力をよろしくお願いします。本日は本当に参加していただいて、ありがとうございました。