理事役員

副理事長 下中 嘉也

ご 挨 拶

我々の暮らす日本は、第2次世界大戦後、高度経済成長により道路などのインフラ整備が行われ世界に誇る文化と技術を持ち合わせた豊かな国へと発展して来ました。世界の中でも先進国として、平和で不自由なく生活することが当たり前となっています。しかし、国際社会には、貧困・教育・紛争など私たちが知らない問題は多くあります。

 

今後予想される国内人口の減少により、外国人の雇用創出やSNS普及により観光の多様化で、地方でも外国人観光客は珍しくない時代が来ることが予想出来ます。加速する国際社会へ向け、自国の文化や技術を世界に発信し国際社会の一員として世界に目を向けて行かなければなりません。国際社会の多様化する価値を知り、多くの選択肢の中から取捨選択する判断も必要となるでしょう。自分や仲間、住むまちの価値を理解し高めるためにも、世界に目を向け肌で感じることが自分や相手の価値をさらに知る事に繋がります。

 

青年会議所は自由な社会と経済発展を実現し、新しい社会をリードするにふさわしい人材育成を目的として、1915年にアメリカ・ミズーリ州セントルイスに生まれました。小さな青年活動グループから始まったJC運動は、その活動が認められ,アメリカの社会的活動を担う主要な青年団体へと発展したのが始まりです。呉青年会議所も1952年に創立し本年で70周年を迎えることが出来ました。世界各国に数多くの青年会議所と繋がる機会も先輩諸兄が活動を繋いでいただいた結果です。

 

その機会とネットワークを使い、誰一人取り残す事のない持続可能な国際社会に向け、我々青年経済人からPositiveChangeしていきます。明るい豊かな社会の実現に向け、変化する社会のリーダ―となり、これからも続く青年会議所運動が、さらに大きな運動へ発展する機会となるよう1年間導いて参ります。