2019年度事業報告

7月例会

7月1日(月)、クレイトンベイホテルにおいて、7月例会を行いました。

 

担当は、VitalityTown委員会。7月27日(土)に、海上自衛隊城山グラウンドにおいて行われる呉サマーフェスタ2019における動きを説明する例会であった。

 

例会に先立って、本年度の広島ブロック大会を主管されます庄原青年会議所の皆さまがキャラバンで来られました。ありがとうございました。

 

小川副委員長によるJCIクリード唱和

 

應和副委員長によるJCIミッション並びにJCIビジョン唱和

 

志々田幹事によるJC宣言文並びに綱領唱和

 

井本理事長挨拶。もうすぐ昨年の豪雨災害から1年が経とうとしており、まだまだ復旧が必要としながらも、復興へと移行していくことも重要であるとの話であった。

 

磯道専務による理事会報告

 

担当例会を控え、気合いの入る休憩中の大下委員長

 

大下委員長による趣旨説明。クラウドファンディングのお礼から始まり、呉サマーフェスタ2019の成功に向けて熱い想いが語られた。

 

卒業予定者北川委員による事業目的の説明。後輩達に向けて、事業における目的の重要性を話した。

 

小川副委員長によるサマーフェスタ当日の動きの説明

 

應和副委員長によるサマーフェスタ当日の動きの説明

 

皆がバイタリティダンスを踊れるようになるため、志々田委員、松本委員、森田監事がお手本をみせ、皆でさわりの部分を練習しました。意外と踊れるようになった!!!はず・・・。

 

その後は、各委員会のテーブル毎に、VitalityTown委員会のメンバーが、サマーフェスタ当日の役割について、説明を行いました。

委員長挨拶。改めて呉サマーフェスタ2019の成功への思いが語られた。

 

鈴木常任理事による担当常任謝辞

 

原監事による監事講評。「合理主義者は祭りをなくす」という過去に先輩から聞いた言葉から始まる印象的な監事講評であった。

 

本例会は、7月27日に行われる呉サマーフェスタ2019当日の動きを確認する例会であった。

この呉サマーフェスタ2019においては、クラウドファンディングにより調達した資金が用いられる。

そのため、担当する大下委員長の挨拶も気合いの入ったものでした。

 

皆さまも、お誘いあわせの上、呉サマーフェスタ2019にお越しいただきますとともに、今後の呉青年会議所の活動もよろしくお願いいたします。