2019年度事業報告

仮入会員セミナーⅡ

7月6日(土)、7日(日)の二日間にわたり、倉橋にて、仮入会員セミナーⅡを行った。担当は、シーズアカデミー委員会であった。

 

一日目は、体力系プログラムとして、倉橋島にある火山への登山を行い、二日目は、座学系プログラムとして、SDGsについて学んだ。

 

濃密な2日間を経て、仮入会員同士や現役会員との協調性を高めることのできる事業であった。

 

 

1日目は、開会式から始まった。

 

理事長挨拶

シーズアカデミー委員会木内委員長の挨拶

 

登山への出発を前にして、意気揚々のメンバー。

 

実際には、困難な道のりが続いた。。。

 

チェックポイント①では、JC宣言文の暗唱テストと紙コップリレーが行われた。

成績によって、担ぐペットボトルの重さが変わってくるので、皆必死である。

 

チェックポイント②では、綱領の暗唱テストとけん玉が行われた。

 

まだまだ登山は続く・・・。

座り込む者。。

寝転ぶ者。。

チェックポイント③の頂上を目指して登る。。。

あれが頂上だ!!!

 

 

 

 

そして、頂上でJCIクリードの暗唱テストを課せられるのであった。

 

頂上からの景色は格別なものであった。

 

一足先に登頂した理事長

 

思い思いのポーズで集合写真を撮影した。

 

 

けが人もなく無事全員が下山し、懇親会を行った。

 

 

 

理事長挨拶

明神直前理事長の乾杯挨拶

 

 

バーベキューとお酒で疲れを癒やす

 

長い夜となりました。。

 

 

二日目は、特定非営利活動法人ひろしまNPOセンターの 松原裕樹 様をお招きして、SDGsについて学ぶ研修を行いました。

松原様におかれましては、ご多忙の折、研修にご協力いただきまして誠にありがとうございました。この場を借りて、御礼申し上げます。

 

理事長挨拶

 

 

松原様には、SDGsの考え方について、基本的なことから分かりやすく解説していただきました。

 

公演の中で、金沢工業大学SDGs推進センターが専門的な観点から、また株式会社リバースプロジェクトがデザインの観点から企画・制作に参画した『THE SDGs Action cardgame「X(クロス)」』をご紹介していただきました。詳しくはこちら

 

『X』は、真ん中に課題を置き、ランダムに引いたリソースカードを用いて、課題解決にどのように利用できるかを検討するゲームであった。

SDGsのみならず、地域の課題解決を検討する際にも、リソースカードを活用することができる。詳しくはこちら

 

委員長挨拶

担当常任謝辞

 

体力知力を総動員する仮入会員セミナーⅡとなった。

仮入会員オリエンテーション、仮入会員セミナーⅠ、そしてこの仮入会員セミナーⅡ。

これらを通じて成長した仮入会員が担当する10月例会が楽しみである。

担当したシーズアカデミー委員会の皆さまお疲れ様でした。