2019年度事業報告

プロ野球選手から学ぶ講演会(2月例会)

2014年2月3日(月)

広島東洋カープOBの北別府学さん、佐々岡真司さん、高橋建さんをお招きし「プロの自己マネジメントとは?」をテーマにクレイトンベイホテルで講演会を開催。
競争の激しいプロ野球界で長年生き抜いてきた経験を基に、我々の人生にも多いに参考になる話を聞かせていただきました。
新たな試みとして呉青年会議所のFacebookページに質問を受け付け、スクリーンに表示。その中から司会の広島ホームテレビ榮真樹アナウンサーが質問を選び、講師の3名に投げかける方法を採用しました。質問が採用された方には豪華カープグッズがプレゼントされました。
カープのエース・前田健太投手、ドラフト1位の大瀬良投手、野村監督の采配、今年のセ・リーグ順位予想など、ここでしか聞けない話題も飛び出し、カープファンには堪らない時間となりました。
講演の中で、北別府さんよりスポーツをしている子供に向けての言葉で「レギュラーで3年間頑張るより、補欠として3年間頑張り抜く方がよっぽどすごいんだ、これからの人生の大きな糧となる」という言葉は深く心に残りました。

講演会終了後、今年度の入会候補者と現役会員との名刺交換会がおこなわれました。講師の3名も引き続き参加し、記念撮影やオフレコ質問にも快く応じてくださりました。