2019年度事業報告

仮入会員オリエンテーション

2014年4月5日(土)

本日、2週間前の入会候補者面接で晴れて仮入会員と認められた12名がJC生活の初めの一歩を踏み出しました。
国歌斉唱、JCソング斉唱、JCIクリード・JCIミッション・JCIビジョン・JC宣言・綱領唱和というJCメンバーにとっては恒例となっている流れも、仮入会員にとっては初めての経験となります。

道原理事長の仮入会員に対する激励の言葉ののち、炎のアカデミー委員会メンバーによる講習がスタートしました。

まずは寺下委員がJCの概要・歴史・組織の仕組みなどをおおまかに説明しました。寺下委員が日本青年会議所に出向した時の出会いが元で、塩川正十郎元衆議院議員に会うことができた自身の経験談を織り交ぜながら、JCの全世界に広がるネットワークの素晴らしさを伝えました。

次に松岡委員がJCでの礼節・マナーについて説明。「私のような人間がマナーについて語る資格はない」という自嘲ネタで笑いを誘いながらも、限られた時間の中で仮入会員に対して自身の経験からくる熱い思いを語り、「JCではONとOFFをうまく使い分けることがポイント。忙しくともJCの行事に参加する努力を。」とアドバイスを送りました。

続いて山下委員長が今後のスケジュールについて説明しました。
皆がその場でスケジュールを手帳に書き込み、行事参加への意欲を見せていました。

オリエンテーション終了後、懇親会がおこなわれました。まさに1時間30分に渡り「ON」になっていた頭を「OFF」に切り替え、仮入会員と現役メンバーが懇親を深めました。

この12名が、今後どのような活躍をしてくれるのか楽しみです。