2019年度事業報告

4月例会

呉の桜も満開となった4月4日。呉青年会議所の4月例会が開催されました。

今例会では日本青年会議所中国地区広島ブロック協議会から小林護会長をはじめとする25名の役員団の方々に公式訪問して頂き、大人数での例会となりました。

 

理事長挨拶では神垣理事長より、広島ブロック協議会役員団の方々の公式訪問への謝辞を最初に述べられました。続いて呉青年会議所のメンバーおよびOBの皆様が参加されている、同好会の活動についての話をされ、ゴルフや、ボウリング、野球、サッカーといった各種同好会に参加し、スポーツを通して目標や感情を共有することによって、メンバー間仲間意識の高まりを感じる。それは共感となり、明るい豊かな社会へと繋がる一助となる、と仰られました。また5月の広島ブロック野球大会では、野球同好会メンバーだけでなく、呉青年会議所メンバー一丸となり連覇にむけて積極的な参加をお願いされました。本年度は10月6日に、呉の地において日本青年会議所全国野球大会が開催されるため、全メンバーのバックアップが欠かせません。

 

広島ブロック協議会の小林護会長より頂いた会長挨拶では、これから開催されるブロック野球大会やブロックゴルフ大会への多数の参加を呼びかけられ、LOMの垣根を超えた新たなる繋がりを作り、絆を醸成させるための支援をお願いされました。

また、2014年に呉の地にて呉青年会議所メンバーから受けた、心のこもったおもてなしの話から、日本青年会議所でも、広島ブロック協議会でもなく、メンバー一人一人が市民の事を一番に考えた事業を行い、日本を変えるんだという気概を持つ事こそが、明るい豊かな社会を実現させるのだ、と熱い想いを語られ、場内はその熱気で盛り上がりました。

 

休憩時間中の会員交流活動「極楽タイム」では、5月に行われるブロック野球大会に向け、野球同好会よりPRタイムがありました。槇田キャプテンの選手宣誓からはじまり、井田サポーター代表のサポーター宣言。そして高野監督より、連覇への決意表明とメンバーへの応援要請がありました。

 

さて、休憩後は担当例会です。4月例会の担当は6月に事業を控えている渡邉委員長率いるやっちょる呉委員会の事業『汐風クリエイターミックス~音戸のまちを「粋返り」~』へ向けての決起例会でした。渡邉委員長が長年構想されていた、ステージ中央をスクリーンにした、試写会方式の設え、総VTR時間30分を超える大作はメンバーの関心を惹きつけていました。1部のVTRでは呉市の現状から高齢化や人口減少に歯止めがかからない問題提起がされ、通過型の観光から滞在型の観光へと移り変わる必要性を掲げこの事業により実践して行くための説明を個性ある登場人物により描かれました。

その後白井副委員長による、参加クリエイターの作品説明や事業概要の説明。マンパワーが必要な古民家の修繕清掃の支援要請があり、2部のVTRでは現地でのロケ映像で実際の事業のイメージを膨らませました。

渡邉委員長による委員長挨拶ではスティーブジョブズの有名な演説の一説である「Stay hungry. Stay foolish.」(ハングリーであれ。愚か者であれ。)といった言葉を引用し、これから事業へ向けての意気込みを語られました。

 

監事講評では、折口監事より時間とテーマとした切り口でご講評頂き、これから事業本番までの一日一日を長く感じるか、早く感じるかは人それぞれであるが、どれだけの情熱を燃やせるか、そしてどれだけ音戸のまちの事を考えられるかが事業の成功へ繋がって行く、と意識の継続を呼びかけられました。

 

6月23日~26日、呉青年会議所は音戸のまちを、新しいコンセプトで「粋」返らせます!
どうぞ乞うご期待下さい!